パソコン

企業内での文書の管理

企業内で作成した文書を管理する際、文書管理ソフトを活用することが効果的である。文書管理システムでは文書を一元管理できることや、バージョン管理を行うことも可能になる。また、検索機能などにより簡単に探し出すことも可能である。

Menu

テレビ電話

敷居を下げる面接方法

動画面接を採用すれば、応募者に何度も本社まで足を運んでもらう必要もなく、優秀な人材をスピーディに確保できます。また、パソコン関連の知識の程度を問うこともできるため、総合的な試験としての側面も持たせることができます。

スマホ

スピーディーさが魅力

ビジネスチャットはコンシューマー向けチャットのようにインフラになりつつあるものです。手軽でスピーディーな連絡が可能で、気軽なコミュニケーションができます。様々な会社からサービスが提供されているので比較して選ぶことが大切です。

PC操作

文書をシステムで管理する

文書管理システムは、多くの会社で導入が進んでいます。文書をデータ化することで、時間や手間を大幅に削減できます。外出先でも必要書類が確認できるので、決済や承認作業もスピーディーになります。そして、同時にペーパーレス化も実現できます。大変便利な文書管理システムですが、日々のバックアップも必須となります。

テレビ電話

メリットとデメリット

動画面接は近年普及してきている面接方法です。遠方にいながらにしてオンライン上で面接が可能となるので、コストが削減できる、多様な人材が確保できる、スピーディーに採用できるなどのメリットがあります。ただ人となりの本質は見えにくいので使い分けることが大切です。

情報収集はお任せ

男女

運用の手助けの期待もあり

業務改善や業務の効率化を目的として、ビジネスチャットの導入が進んでいます。自社で情報収集した上で、ビジネスチャットの比較検討は、意外とボリュームの大きい仕事になります。あまり馴染みのないものであれば、そのボリュームはさらに増してしまいます。自社での労力を省く手段の一つとして、販売代理店を利用することを勧めます。IT製品や事務機器を扱う販売代理店であれば、窓口となってくれます。その販売代理店にノウハウがなければ、業界ネットワークを使ってでも対応してくれるでしょう。ノウハウのあるなしにかかわらず、取引の枠を広げたいと思っているのが販売代理店です。フットワーク良く動いてくれることでしょう。販売代理店に、ビジネスチャットでやりたいことを始めとして、会議の形態なども、要望の一つとして伝えます。その要望を受けて、販売代理店ではビジネスチャットを比較し、自社に合うものを選定していきます。その流れで自社の要望に沿ったビジネスチャットが提示されることになるので、かなりの省力化につながります。販売代理店は比較検討を含め、ここに至るまで様々な交渉事を展開しています。その中で得た情報も比較検討の材料として提供してくれるので、より明確な選定が期待できます。また、導入だけではなく、運用面までのサポートを必要とする旨も事前に伝えておくと、販売代理店としては、運用にかかわる情報収集も行った上で、提示してくることでしょう。